ダンおにサイト「Vorhandensein」管理人のizkdicが気まぐれ・不定期におすすめ楽曲を紹介するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#70 - アストロナイメア



【楽曲概要】
作詞作曲 : みくにゆきなか

【楽曲データ】
BPM=90(6/8)
曲時間=3:24


みくにゆきなかさんの、春の夜をうたったエレクトロニカです。
曲調としてはポップス調の軽快で非常に聴きやすい部分と、
ジャズ調のおしゃれな部分がフレーズ毎に使い分けられており、
リズムもSwingになったりNo Swingになったりと多彩な変化を見せます。
次々と移ろいゆく外の景色を象徴しているかのようですね。

伴奏のシンセ・ピアノ・ドラムなどが曲を彩っていますが、
僕としてはやっぱりメロディーがすごくいいなと思います。
Aメロと最後のサビが特にお気に入り。
知らずのうちに心が弾んでくる名曲です。
スポンサーサイト

[2012/08/31 20:52] | VOCALOID曲
|
#69 - My Life Is Like A Mosh Pit



【楽曲概要】
作詞作曲 : dohety

【楽曲データ】
BPM=~180
曲時間=3:57


dohetyさんのエモーショナル・ハードコア(エモコア)曲。
いわゆるケロケロボイスを用いたエモコア曲というコンセプトで制作された楽曲です。
ラウド系+ケロケロという一風合わなさそうに見える2つですが、
この曲ではそれが逆に曲の味を引き出していますね。
前奏はずっしりと響くギターが重さを演出していますが、
ボーカルが入ってからは一転して疾走感のある爽やかな曲調に。
パーカッションのパターンがとにかく豊富なので、
それに耳を傾けるだけでも楽しめるかもしれません。

[2012/08/23 23:38] | VOCALOID曲
|
#68 - 大海淵の唄


【楽曲概要】
作曲 : maki

【楽曲データ】
BPM=114
曲時間=8:42


makiさんのトランス(?)曲。「Sui-Gin-Sprite」収録楽曲です。
まるで深海にいるような音による雰囲気作りがすさまじい楽曲。
テンポがやや遅めであることで、厳かで過酷な深海の世界を象徴しているように感じます。
3分付近からファミコン音源的な音色が主旋律として登場しますが、
これの楽曲との一体感が絶妙。
間奏的なセクションを経たのち、この音色が再登場する7:18以降が、
僕がこの曲の中でもっとも好きな部分です。

[2012/08/18 21:55] | インスト曲
|
#67 - キミ色キャンバス



【楽曲概要】
作詞作曲 : NewNew氏(乳乳P)

【楽曲データ】
BPM=162
曲時間=3:33


Bメロで少し雰囲気を見せつつ2拍の間を挟んで展開するサビが非常に印象的な、
NewNewさんのポップス曲。
加速感と、少し切ないメロディーが合わさってこの感じを演出しているのかなと。
サビの歌詞は基本すべて同じで、間奏後の部分だけが違うようになっています。
ここに楽曲の世界観が強く表れていますね。

イントロのフレーズに入る、ちょっとした「間」がお気に入り。
呼応するように入るグロッケンがすごくいいなと思います。
また、Aメロの8分の連打主体のピアノパートが弾むように耳に入ってきていいですね。
この部分の勢いとサビの加速感は別物だとも感じます。

[2012/08/14 00:08] | VOCALOID曲
|
#66 - colorful*image



【楽曲概要】
作詞作曲 : はてぃ~

【楽曲データ】
BPM=85~100
曲時間=4:43


明るい希望描いて カラフルな未来へ


はてぃ~さんの、透き通るような雰囲気が特徴的なバラード曲。
高音主体のメロディーとリバーブのかかったボーカル、
それにピアノ主体の楽器構成が加わることでとても神秘的な楽曲に仕上がっています。
その中でも特にサビが印象的ですね。
個人的には3:35からがお気に入り。
この部分では曲の持つ綺麗な雰囲気が強く押し出されているように感じます。
また、最後の締めの部分へは意外な展開をします。この辺りも興味深いですね。

[2012/08/07 23:42] | VOCALOID曲
|
#65 - Sel



【楽曲概要】
作詞作曲 : Wonderlandica

【楽曲データ】
BPM=66
曲時間=5:05


Wonderlandicaさんの、夜の空間を感じさせるアンビエント曲です。
曲名の由来となった「Selenicereus(セレニケレウス)」とはサボテンの分類の1つだそうで。
アンビエントらしい空間・雰囲気の表現がすさまじく、
あたかも夜の星々の浮かぶ宇宙空間を眺めているような、そんな感じを抱かせます。
コーラスやパーカッションがうまくこの空間を演出しているんだなと。
歌謡曲的な展開はしませんが、間奏のギターが入る部分が特にお気に入り。
そこから新たな展開を迎え、終盤へとつながっていきます。

[2012/08/02 19:34] | VOCALOID曲
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。